カーAV

カーナビはしっかり選んで欲しい!

クルマを購入する時は、費用・機能・乗り心地などを考え、国産車にしようか、国産車ならどのメーカー/車種にしようか時間をかけて選びませんでしたか?
カーナビを選ぶ時も時間をかけて選んで欲しいです。
市販カーナビが純正カーナビに比べ豊富にラインナップされているのは、お客様がドライブの目的・用途・予算などに合わせて自由に選べるためです。
カーライフの楽しみ方は人それぞれ。だから、オートバックスでは、ひとりひとりのドライブスタイルに合ったカーナビを提案いたします。
お客様の乗り方/目的に合ったカーナビで、ドライブはもっと快適になります。

カーナビの選び方

知らない場所でも、道がわからなくても、カーナビさえあれば目的地まで、早く、確実に到着できる。そんなナビゲーション機能だけではなく、今やカーナビは車内を楽しく過ごすためのアイテムとしても欠かせなくなっています。
地デジやスマートフォン対応、DVDビデオ再生、オーディオ機能の充実、ネットを使っての情報取得、それにレーダー探知機付までと、使いたい機能を選んで選択でき、取付も簡単なメモリーポータブルナビもふくめると、選べる範囲はとても広がっています。サイズやタイプ、種類・・・。豊富にラインナップされている市販カーナビの中から、お客様のクルマの乗り方/カーナビに求める機能/予算などに合わせてベストなチョイスをしましょう。

カーナビとは

目的地までしっかり案内してくれる「カーナビ」。
これは衛星を使用したGPS(Global Positioning System:全地球測位システム)によって、自車位置を確認し、その結果を地図画面の上に表示させるものです。自車の位置を基点に行きたい場所のルート検索をし、目的地設定をするだけで、最適なルート表示。知らない土地でも安心してドライブが楽しめる必須アイテムです。さらに、今の市販カーナビには、オーディオ機能も充実している商品が多数ラインナップされています。普段の「音楽」を「いい音」で聴けるのもカーナビの魅力のひとつです。

カーナビサイズ

画像サイズ

チェックするときは画面サイズにも着目しましょう。ポータブルナビのように携帯性を重視する5型モデルから、オーディオ一体型モデルのように、画面の見やすさを追求した大画面モデルなど用途によって様々な画面サイズがあります。基本的なカーナビ性能やエンターテインメント性能を重視するのも大切ですが、自分の車に合った画面サイズから選ぶのもおすすめです。

ワイドサイズ

最近は幅の広い200mmのワイドコンソールを持つ車が増え、オーディオ一体型ナビでも対応が進んでいます。現在のトヨタ・ダイハツ・日産車などは横幅200mmのワイドコンソールが主流です。

DIN

「DIN」とはドイツの工業規格の略称で、Dサイズとも呼ばれます。「DIN」は一般的なカーナビサイズを表す際に使われ、1DINは横幅180mm高さ50mmで奥行きの規定はありません。(これはドイツのカーラジオのサイズを基にしたもので、世界中の自動車メーカーが採用しています)2DIN一体モデルはDサイズを2段重ねた横幅180mm高さ100mmのサイズ(2Dサイズ)となります。これはオーディオ一体型ナビの基本的なサイズで、多くの車に装着が可能ですがヨーロッパ車の中には1Dサイズ分のスペースしか無い車種が存在します。

カーナビタイプ

カーナビには、大きく分けるとオーディオ一体型、インダッシュ型、オンダッシュ型の3種類があります。
あなたの車種や好みで選びましょう。

オーディオ一体型モデル 2DIN

ダッシュボードにすっきり収まり、ナビ・オーディオ、ビジュアル機能を含んだ最もポピュラーなタイプ。 フラッシュメモリ内蔵のメモリーナビからHDD(ハードディスク)ナビまで商品は幅広くラインナップされています。市販ナビでは、オーディオファンを魅了する「高音質ナビ」など新しい価値を提供するオーディオ一体型ナビもあります。オーディオ機能に重点を置きたい方にはおすすめです。不明な点などはお気軽にオートバックスにご相談ください。

インダッシュ型モデル 1DIN+1DIN

モニター部分が手前にせり出してくる「インダッシュ」タイプ。ナビを使用しないときはダッシュボード内に電動でモニターが収まり、見た目がスッキリします。
また、欧州車などによく見られ、1DINサイズしかスペースがない車にも装着が可能です。

オンダッシュ型モデル

ダッシュボードの上(オンダッシュ)に専用の吸盤などでモニターを取り付けるタイプ。画面の見やすさと使いやすさに優れていて、車種を選ばないことが大きな特長です。
また、ポータブルナビであれば、持ち運び可能なので、歩きながらでの使用もOKです。

カーナビの種類とポイント

カーナビには、大きく分けるとオーディオ一体型、インダッシュ型、オンダッシュ型の3種類があります。
あなたの車種や好みで選びましょう。

HDDナビ

大容量ハードディスクを活かし、充実の情報量と音楽録音機能を搭載。HDDナビは、地デジや高精細液晶を搭載したモニターなど、ナビ以外のAV機能面でも他カテゴリーを圧倒。マップ表示の高精細化や膨大な地図情報が収められているだけでなく、大量の音楽・映像データも記録でき、車内のエンターテインメント性をより一層高めてくれます。マップ表示は、ドライバーズビューの3D表示はもちろん、道路の車線数や右左折表示、看板など、実際の道路状況と変わらない描写で表現してくれます。さらにランドマーク(目印)となる大きな建物の外観や色、季節による樹木の移り変わりまで表現してくれます。

メモリーナビ

心臓部分にフラッシュメモリーなどの記録媒体を用いたメモリーナビは、ちょうど良い機能とお手軽な価格で人気です。
これまでHDD(ハードディスクドライブ)やDVDを使用していた記憶部に、フラッシュメモリーやメモリーカードを用いたのが「メモリーナビ」。フラッシュメモリー特有の高速アクセスによるルート検索やマップ表示の速さ、さらに省電力で価格もお手頃です。音楽や映像などもメディア面でも、Bluetooth通信対応やスマートフォン接続、フルセグ地デジチューナーなど、HDDに迫る機能を有しています。ポータブルナビでは少々物足りないけれど、最上級のHDDナビほどの機能や性能は必要ない。メモリーナビは、そんな方にピッタリのナビです。

ポータブルナビ

価格がリーズナブルで機能も充実なのがPND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)。
取付車種を選ばない簡単脱着式のコンパクトなボディに、十分なナビ機能を搭載しています。さらに、アウトドア使用や家族間でシェアする場合などにも気軽に持ち運べるから便利です。カーナビは的確に道案内してくれれば十分という方にはPNDはオススメです。購入時のポイントとしてチェックしたいのが画面サイズです。最近のPNDは画面サイズが大型化しています。そんな中、携帯性を重視するなら5型ワイド程度のモノ、画面の見やすさを追求するならそれ以上と、使用目的や好みで明確に分かれます。基本的なナビ機能を重視するか、エンターテインメント性を重視するかによってもセレクト基準は変わってきます。 目的に合わせて手軽に購入できるのがPNDの魅力です。

カーナビQ&A

同乗者は走行中でもテレビが試聴できるんですか?

同乗者は走行中でもTV視聴及びカーナビの操作ができます。
ロングドライブや渋滞中など、テレビ視聴ができれば大変便利で快適です。運転者が走行中にTVやDVDなどの画像表示装置を注視することは、道路交通法で禁止されています。
運転手がテレビ画面を注視する場合には、安全な場所にクルマを停止させてから視聴しましょう。

市販のカーナビの長期保証ってあるんですか?

オートバックスではメーカー様の保証を含め、3年間の修理保証サービスにご加入いただくことが可能です。カーナビは高額商品ですので、修理保証にも合わせてご加入いただけますと、万が一の時でも安心です。

市販カーナビに純正のバックカメラを利用することはできますか?

できます。新車をご購入の時に、バックカメラが付属されたディーラー様のスペシャルパッケージ等をご購入されたお客様もいらっしゃると思います。
市販カーナビと純正バックカメラを接続する専用ケーブルを使用することで純正のバックカメラでも市販カーナビとの連動が可能です。専用ケーブルはオートバックスで扱っておりますので、お気軽にご相談ください。
※一部、取付不可の場合もございます。

クルマを買い替えの際、元の車に付いていたカーナビを新しい車に付けられますか?

市販カーナビの場合、主に2DIN規格を採用しておりますので、ほとんどの車に付替えが可能です。
※車によって別途取付キットが必要です。但し、買い替え前の車についているカーナビがコンソール一体型の純正メーカーオプションナビですと、そのカーナビは車種専用であるため新しい車に付替えることができません。

市販カーナビでも純正ステアリングリモコンが利用可能ですか?

専用ケーブルを使えば利用可能です。
※一部、利用できない市販カーナビも御座います。
また、ステアリングリモコンの無い車には市販品のステアリングリモコンを取り付けることも可能です。様々な方法がございますのでお気軽にご相談ください。

市販カーナビの特徴は?

価格が手頃なだけでなく、カーナビ機能自体もドライブに必要な機能を中心に、各カーナビメーカーが機能強化を図っており、純正カーナビにはない最新技術も多く取り入れられています。
さらにお客様のクルマの乗り方に合わせ、お手軽モデルから高機能モデルまで豊富なラインナップの中から自由にカーナビが選べます。また純正カーナビと比較した場合、コストパフォーマンスも高いです。

自分の車にどんなカーナビが装着できるのか知りたいけど?

実際の車両を確認の上、ご回答させていただきます。
例えば純正カーナビの中には、車両一体型のものもあり、構造によっては取り外しができない場合がございます。
購入してから取付できないという事態にならない様、是非一度ご来店頂き、プロにご相談下さい。

純正カーナビから市販カーナビに買い替えた場合、純正のスピーカーはそのまま使えますか?

もちろん使用可能です。
しかしながら、市販カーナビにはナビ機能だけではなく、オーディオ機能も強化されたものが数多く存在します。
オートバックスではより「音」を楽しんでいただくため、純正よりも性能が良く、「音」も格段に良くなる、市販スピーカーもセットで変更することをオススメしています。
※BOSE仕様のスピーカーは使用することはできません。

カーナビで音はもっと進化する

オーディオ一体型ナビゲーションの機能の中で案外気付かれていないのが、オーディオ調整機能です。実は、オーディオ一体型ナビゲーションで、日ごろ最も使われているのは、オーディオ機能です。ナビ画面にしながらでも、FMラジオやCD、最近では、iPodに代表される携帯デジタル音源等で音楽を聴いている場合が圧倒的に多いのです。そこで、クルマの中で音楽をより良く聴くための必須調整アイテム、「タイムアライメント調整」、「クロスオーバー調整」、「イコライザー調整」をご紹介します。これら3つの調整機能が、カーナビに有るか?無いか?で、車室内空間は、全く別の“音空間”に変わります!

オーディオ調整機能 3種の神器

車室の音のバランスをとろう!

タイムアライメント調整
本来、オーディオは、左右のスピーカーの中央の位置で聞く事で、まるでその中央で、アーティストが演奏していたり、ヴォーカルが聴こえたりします。これが、いわゆる“ステレオ再生”です。クルマの中では、左右どちらかの位置に座った状態で、音楽を聴くために、近い距離のほうのスピーカーからの音が、どうしても強くなります。この左右のスピーカーと耳との距離、音の到達時間の差を補正し、ダッシュボードの中央で歌っているかのように、音像を定位させる機能が「タイムアライメント」です!!ぜひ一度、ご自分の耳でお確かめください!
車室内がコンサートホールのような空間に変わってきます…タイムアライメント調整機能があるかないか?設定するかしないか?で、車内で聴く音楽が、今までとは全く違う音空間に、激変します。
※「タイムアライメント」は、メーカーによって呼称は異なります。

車室の音のバランスをとろう!

タイムアライメント調整

お使いのカーナビやカーオーディオにこの機能がついていれば、ぜひ活用しましょう!

ハイパス機能って何?

ハイパスフィルターの事で、「高い音を通過させる(パス)」と言う意味です。言いかえれば、低い音は、通さない ⇒ 低い音をカットするフィルター機能のことです。

ローパス機能って何?

ローパスフィルターの事で、「低い音を通過させる(パス)」と言う意味です。これも言いかえれば、高い音は通さない ⇒ 高い音をカットするフィルター機能です。

サブウーファーを使う場合には、フロントスピーカーにハイパスフィルターをかけ、サブウーファーには、ローパスフィルターをかける事で、それぞれのスピーカーが、得意な周波数帯域だけを再生するようになり、より再生効率が上がります。
つまり、それぞれのスピーカーが受け持つ、得意なところ(周波数帯域)を役割分担する事で、それぞれのスピーカーに、無理な負荷がかからず、ストレスなく動けるようになります。だから、音質も効率もグゥーンとアップ!
こういったそれぞれのスピーカーの受け持つ周波数帯域の幅やレベル等を設定することをクロスオーバー調整と言い、こちらもオーディオ調整には無くてはならない機能です。

好みの音に調整しよう!

イコライザー調整

クルマの中は、スピーカーの取り付け位置や、ガラスの反射、シート素材による吸音などの影響により、良い音で音楽を聴くには、障害になる要素が多くあります。再生する周波数を各帯域に分けて、それぞれのレベル調整をおこない、より自然な音にしたり、好みの音に近づけたりできる機能が、「イコライザー調整」です。
また、周波数帯が、細かく分かれている方が、より好みの音に調整しやすくなります!機種によって帯域の分割数が異なりますので、この調整機能も忘れずにチェックしましょう!

この3つの調整機能を上手く総合的にチューニングすることで、ただ音楽を再生していただけの時とは、聴こえかたが全く違ってきます。
ぜひともこれらの調整機能を駆使して、心地良いドライブを楽しんで頂きたいと思います。
「音」に関することもオートバックスにお任せください。

カーナビは取付が大切!

カーナビは購入したら終わりではありません。愛車への取付・セッティングがしっかり終わって初めて、その性能や機能を存分に発揮することができるのです。機器の取付位置に始まって電源や配線の取り回し、初期セッティングなど、オートバックスはお客様のご要望にできるだけ応える取付を行っております。

お客様のおクルマは大切に扱います

お客様からお預かりした大切なお車。作業のため、シートに腰を降ろす際に少しの汚れもつけないようシート全体をカバーで覆ってから作業を開始します。カーナビを取り付けるセンターコンソール箇所なども養生テープで保護して作業を行います。当たり前のことを当たり前に、徹底して取付作業をさせていただきます。

作業には万全・細心の注意を払います

これまで、数多くの取付実績を有するオートバックスでは、カーナビなどカーエレクトロニクス商品を取付する際、作業中には万全の注意を払いながら慎重かつ、迅速にインストール作業をさせていただきます。取付での疑問点・ご質問などがございましたらお気軽にご相談ください。出来るかぎりお客様のご要望にお応えさせていただきます。

操作方法も丁寧にご説明します

オートバックスではお車お引渡し時に、基本操作方法をキチンと説明させていただきます。面倒な初期設定もお任せください。オートバックスでは、お客様にご購入いただいた商品の使い方、楽しみ方などをしっかりとお伝えさせていただき、最適な状態で使い始められるよう、基本設定を行ってからお引渡しいたします。カーナビはドライブを快適にする上で大切なものです。カーナビの取付は実績豊富なオートバックスにお任せください。

ネットで購入 → 店舗受け取りがとっても便利

ネットでじっくり選んだ商品を、お近くのオートバックス店舗で受取り、そのまま取付。お買い物~取付までの手間が省け、とっても便利です。取付日時にご来店いただき、ぜひ店舗でも実際の商品に触れてみてください。